美白スキンケア

MENU

肝斑の改善方法

 

 

肝斑(かんぱん)はいくつかあるシミの種類の中で、最も目立つものでしょう。

 

まず、よくできる場所はほお骨のあたりなど、顔の真正面です。それもかなり大きな広がりになります。しかも、左右同時にできるのが大きな特徴になっています。

 

また、色のつき方も、まるで茶色の紙でも張り付けたかのように、くっきりとしています。この形が、肝臓に似ているところから名前もついています。

 

できている人の多くは、30代40代です。更年期障害の開始と同時にできたり、ピルの服用がきっかけになることが多いようです。また、60歳に近くなると、いつの間にか消えているのも、この肝斑の特徴です。

 

原因はよく分かっていません。が、これらの特徴から、女性ホルモンの分泌が関与していると考えられています。また、紫外線を浴びると、症状が悪化します。

 

一般的な家庭でできる対策で効果を上げることは少ないようです。

 

最近、シミ対策の奥の手として人気のある方法にレーザーによる治療があります。レーザー光のエネルギーで色素を焼ききってしまう方法です。が、この肝斑には効果がないどころか、悪化させてしまうことのほうが多いようです。

 

また、「実際には肝斑なのに、自分では肝斑とは思っていない」ということが多くあります。ある調査では「シミに悩んでいる人の約30パーセントが肝斑」だったという結果が出ています。

 

何にしても、自分での対策は難しいようです。少しでも疑わしいと感じたら、すぐにでも信頼できる皮膚科に診てもらうことが必要でしょう。