MENU

炎症性色素沈着と老人性色素斑続きその1

 

 

この場合の対策の基本はお肌の細胞のターンオーバーを盛んにすることです。

 

つまり、皮膚の細胞分裂を盛んにし、古い細胞は新しい細胞で置き換える……古い細胞が排出されるのともろともに、色素を排出する……ということになります。

 

もし、これを化粧品でやるのならば、当然新陳代謝が盛んになる成分が配合されたものを選ばなければなりません。

 

この代表的なものはビタミンCです。抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、「細胞が古びるのを防ぐことで、活動を盛んにしてくれる作用」と考えておいていいでしょう。

 

ただし、ビタミンCは分子が大きいので、そのままでは皮膚から吸収できません。浸透性を高めている化粧品を選ぶようにしましょう。

 

また、食事からとるのも有効です。血液に乗って全身に運ばれます。このビタミンCもいいです。ほかの成分としては、たとえばポリフェノール。これも抗酸化作用があります。

 

また、もし、このターンオーバーを早く盛んにしたいのであれば、「ケミカルピーリング」という手もあります。

 

これは果物などで作った酸を皮膚に塗り、角質などを溶かしてしまう方法です。古い細胞がなくなることで、新しい細胞も出てきやすい……という仕掛けです。

 

お肌の負担が少なく、効果もその分弱めのものならば、エステサロンでもできます。が、本格的にやるのならば、美容系の医療機関にいく必要があります。

 

また、最近ではレーザーで皮膚に目に見えない小さな直径の穴を無数に空け、やはり回復する力を利用するという方法も、医療機関で行われています。