MENU

炎症性色素沈着と老人性色素斑

 

 

透明感があって、真っ白なお肌、あこがれますよね。

 

なのに、「なんとなくお肌がくすんでいる」なんて思っていたら、そのうち、シミまで出来ているなんてことがあるものです。

 

特に30代、40代と進むに従ってそういうことが増えるでしょう。

 

最初は「そのうち消えるだろう」ぐらいに思っていても、だんだんと悪化してくる……そのうち、ファンデーションぐらいでは隠しきれなくなってくる……で、「これは一時的なものではないらしい」とようやく対策に乗り出す……なんて人が多いのではないでしょうか。

 

で、やることといえば、まずは使っている化粧品の見直しです。確かに「美白・美肌」をアピールしている化粧品はたくさんあります。

 

が、これらを次から次へと試していても、なかなか効果が得られないでしょう。ちゃんとそのシミの種類を確認し、その原因となったところへ働きかける必要があります。

 

また、シミの対策は化粧品類だけに頼っていてもダメです。紫外線対策、食生活・生活習慣の見直しにまで踏み込む必要があります。

 

30代以降の女性で悩んでいる人の多いのは、「炎症性色素沈着」と「老人性色素斑」ではないでしょうか。

 

「炎症性色素沈着」は「記憶ジミ」とか「肌荒れ記憶ジミ」などと呼ばれることもあります。

 

できる場所は、たとえばニキビ跡。あるいは肌荒れした部分。カミソリで荒らしてしまったり、毛抜きで毛穴を傷めたような場合にもよくできます。

 

この部分に色素が残ってしまうのです。さらにそこに紫外線でも当たると、いっそう悪化します。